パダンバイ / Padangbai

パダンバイ / Padangbai

pd
2

バリ島でNEWボードをカスタムオーダーしませんか?オーダー最短10日間でPYZEL.DHD.TIMMY PATERSONがなんと62000円~
パダンバイは隣のロンボク島やぺニダ島、ギリ島を結ぶバリ島東の玄関口。

フェリー乗り場となっている小さな湾中にあるサーフポイントです。

波の入りにくい湾内のポイントなのでサーフィンできるサイズの波が立つのは年間通しても10回も無いぐらい。

パダンバイのベストシーズン

パダンバイ湾の両端に沿ってレギュラーポイントとグーフィーのポイントがあります。

同じ東海岸にある、普段ほとんど波は立たないサヌールリーフがダブルサイズを超えたときに、やっと胸位のうねりが湾に押し寄せてきます。

通常雨季には波が無く乾季の5月~10月の間の大波が押し寄せる季節にサーフィンが出来るときがあります。

パダンバイのベストサイズ&タイド

リーフの形が非常にコンパクトで、あまりに小さいスケールのポイントに立つ波は人工で作ったウエーブプールのような波を思い出させます。

ボトムのリーフは鋭くハイタイドオンリーでサーフィン可能。

ロータイドは体がギザギザに刻まれるほどの鋭いリーフがむき出しになっています。

「波乗り、遊び、宿選び、どれも失敗したくない!」一人旅でも楽しいバリ旅行をコーディネートして欲しい方はコチラ>

 

パダンバイの波質

レギュラーの波は超コンパクトなマシーンウェーブで20mぐらいライド可能。

そして湾の反対側のグーフィーの波はレギュラーの波に比べメローで乗りやすい波です。グーフィーの方は波を選ばないとダンパーになる波も多く入ってきます。

波が立っていてもほとんどサーファーの姿は見かけず、ローカルサーファーが数人遊んでいる程度。

またはロンボク島にフェリーで渡る時に偶然パダンバイの波に遭遇した外国人サーファー位です。

わざわざ遠方からここパダンバイの波を狙いに来てるサーファーは無しといっても良いでしょう。

パダンバイでサーフィンする時の注意点

パダンバイに波がたつのは珍しいため、他のポイントが大きすぎてサーフィン不可能な状態で風が弱い時にチェックしてみても良いかもしれません。

ここでは名前は出せませんがパダンバイの少し先には上質のレギュラーの波が立つセミシークレットのポイントもあります。

 

パダンバイの周辺情報

パダンバイはロンボク島やギリ島へ行く人によく使われるため、宿泊施設や飲食店が近くにいくつかあります。

近所にはチャンディダサなどリゾート地もありバリ島南部のクタやヌサドゥアなどとは違う雰囲気のバリを感じられるでしょう。ギリ島やロンボクへの行き帰りの際には周辺に1泊ステイしてみても良いかもしれません。

 

 

 

レベル 中級者 上級者 + 岸からすぐ近くに割れるコンパクトな波、ボトムはシャープなリーフ中級者以上にお勧めの波です。
波のタイプ レギュラー
シーズン 5月 6月 7月 8月 9月 10月
ベストサイズ 腰 腹 胸 肩
ベストタイド 1.2m-1.8m
ボード 5'5~6'0
ボトム リーフ
ブーツ 必要
ロングボード 不可
クタから 70分~100分
最寄りの町 パダンバイ
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 あり + パダンバイのフェリー乗り場に駐車場有