チャングー / CANGGU

チャングー / CANGGU

%ef%bd%83
4
バリ島で人気のお洒落繁華街地区スミニャック、クロボカン通りを北上して行くと交通量が減りのどかな田んぼ道が出現してきます。海岸線と平行に走る田んぼ道を海側に入り1KMほどでチャングーに到着です。一昔前は田んぼとあぜ道しかなかったチャングーですが近年では高級住宅やビラ、レストラン、ECOビーチ、DEUSサーフショップなど立ち並びGOOD WAVEのシティービーチカルチャーの中心地として注目を浴びています。クタビーチから北側に5㎞ほど続いているロングビーチは丁度チャングーあたりからリーフに変化していきます。ポイントは大きく分けて3か所のビーチから見て左手にグーフィーリーフブレイク、サンドバー、レギュラー、グフィーのAフレームピークと並んでいます。潮回りやうねりの方向で各ポイントコンディションが異なりますが、やはりチャングーといえばAフレームのレギュラーの波が一番クオリティーが高く知名度があるでしょう。Aフレーム状に規則正しく巻き上げるショートな波は深いボトムターンからのアクションを繰り返せる波、1本の波でリップ、エアー、チューブと技が簡単に決まってしまう波は海外から訪れる高いレベルのサーファーやバリのコンペティターに人気のポイントです。メインピークが上級者で混雑している時は200mほど横のサンドバーポイント、グフィーポイントブレイクは比較的空いています。波質はAフレームに比べて優しく初級ー中級者サーファーが中心、激しい波の取り合いもなく波に乗れる確率も高くなるでしょう。(チャングーのポイント近隣にはバトゥーボロンビーチ、ブラワービーチというポイントもあり初心者向きの波質のんびりサーフィンしたい方にお勧めのポイントです。)
チャングーはビーチが南向きに開いているため、南うねり、西うねりを敏感にキャッチしやすく常に波があります。腰ぐらいのスモールサイズからサーフィン可能になり胸位までは初心者でも楽しめるメローな波質です。胸ー頭半サイズまでがチャングーのベストサイズ、ダブルを超えてくるとクローズアウトし始めカレントが強くなります。クタ周辺のポイントが無風、風が弱い朝、腰~胸ぐらいのときにチャングーにはベストサイズの良い波が立っているでしょう。
乾季、雨期の季節風共にオンショアーになり、昼前からはほぼ毎日オンショアーになるので朝一の風の弱い時間帯が勝負です。早朝から9時ぐらいがベストな時間帯です。上げ潮周りがベストタイド、朝一の上げ潮回りであまり波が大きくない日がベストコンディションです。潮が引き気味の時間帯はリーフブーツを着用したほうが良いでしょう。水の色が茶色くボトムが確認しにくいので引き潮時のインサイドのリーフには気をつけましょう。
ss

レベル 初級者 中級者 上級者 + サンドバー、タヒチポイントは胸サイズ以下は初心者も可能。
波のタイプ レギュラー グーフィー
シーズン 3月 4月 5月 2月 10月 11月 12月
ベストサイズ 腰 腹 胸 肩 頭
ベストタイド 1.2m~2.0m
ボード 5'5
ボトム リーフ ビーチ
ブーツ 不要
ロングボード 可能
クタから 30分
最寄りの町 クロボカン
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 あり + ポイント隣接駐車場有