プレーグランド / Play Ground

プレーグランド / Play Ground

p
3

バリ島でNEWボードをカスタムオーダーしませんか?オーダー最短10日間でPYZEL.DHD.TIMMY PATERSONがなんと62000円~
レンボンガン島にあるサーフポイントの中で一番簡単の乗れる波がプレーグラウンド。

同じ島の中にある有名ポイント、ラセレーション、シップレックなどに比べてテイクオフは易しく、波のブレイクはコンパクトでビーチブレイクのような波質です。

レギュラー、グーフィー両方向に乗れアクションがしやすくポイントへのゲッティンぐアウトも楽に行える波です。

プレーグランドのベストシーズン

レンボンガン島の西側に位置するプレーグランドのハイシーズンはバリ島の西海岸のポイント同様、3月−11月の乾季がシーズンです。

バリ島から高速船を利用すると日帰トリップでも行けるのでプチサーフトリップを味わいたい方々に人気なポイント。

上級者ポイントが集まるレンボンガンの中で唯一初心者サーファー、ロングボーダー向きのポイントです。

プレーグランドのベストサイズ&タイド

腰ぐらいから波が割れ始め、特に胸から頭ぐらいがベストサイズ。

レンボンガン島メインポイントのシップレックに比べうねりが入りにくく、通常は波が小さい時が多いです。

すぐ隣にあるラセレーションが頭を超えると良い波が立ち始めます。

グッドコンディションでサーフィン可能な潮周りは、ハイタイド周辺の時間帯のみ。

レンボンガン島の全サーフポイントは引き潮に向かうと、うねりが消えてしましリーフが浅くなりBADコンディションとなることが多くあります。

「波乗り、遊び、宿選び、どれも失敗したくない!」一人旅でも楽しいバリ旅行をコーディネートして欲しい方はコチラ>

 

プレーグランドの波質

レンボンガンのポイントの中でも唯一初心者に向いているブレークです。

リーフブレイクであるものの、波質はビーチブレイクのように柔らかく易しい波です。

このポイントで波を当てるには朝方がハイタイド周りでほかのポイントが頭以上のうねりがある日が良いでしょう。

プレーグランドでサーフィンする時の注意点

レンボンガンのポイント全域、バリ島より海水温が低く、カレントも強いので気を付けてサーフィンしましょう。

波が良い日や週末にはローカルキッズサーファーのたまり場となるのでそんな時は中々波に乗れるチャンスは訪れないでしょう。

プレーグランドの周辺情報

プレーグランドの周辺にはホテルやレストランが多数あり、島に数泊してサーフィンを楽しむ人が多くいます。

レンボンガン島は歩いて1周しても2時間くらいで回れる小さな島なのでバリ島と違った雰囲気を楽しむのもいいかもしれません。

バリ島からはスランガン、サヌールから高速ボートを利用すると1時間で到着します。バリ島からの日帰りサーフトリップも可能です。。

 

レベル 初級者 中級者 上級者 + コンパクトなリーフブレイク大きくなるとカレントが激しく肩位までがベストコンディション。
波のタイプ レギュラー グーフィー
シーズン 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
ベストサイズ 腰 腹 胸 肩
ベストタイド 1.4m~2.3m
ボード 5'5~6'2
ボトム リーフ
ブーツ 不要
ロングボード 可能
クタから クタからサヌールまで車で30分、サヌールからボードで1時間
最寄りの町 レンボンガン
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 なし +

近くのサーフポイント

ラセレーション シップレック