ニャンニャン / NYANG NYANG

ニャンニャン / NYANG NYANG

n
3,5

バリ島でNEWボードをカスタムオーダーしませんか?オーダー最短10日間でPYZEL.DHD.TIMMY PATERSONがなんと62000円~
ニャンニャンというポイント名は我々日本人になんか面白い響きに感じられますが、いったいなんでこんな名前がついたのでしょうか?

実はバリ語では「ニャンニャン」とはアブの事。

しかしこのポイントにアブが多いかといえばそんなこともないんです。

ニャンニャンはブキット半島の西南端のウルワツから更に南下した場所にあり、南と西のうねりをダイレクトに受け止めるうねりに敏感な場所,ここに波が無ければバリ中のサーフポイントに波が無いというほどコンスタントに波があり、通常は波が大きすぎてクローズアウトしている日の方が多いほどです。

ニャンニャンのベストシーズン

ニャンニャンのベストシーズンは乾季の終わりかけの10月から本格的な乾季に入る前の5月ごろ。

どんなに小さなうねりの時でも必ず波はあり年間通してフラットになることはありません。

バリ中のポイントの中で一番コンスタントに波がある場所でしょう。

ニャンニャンのベストサイズ&タイド

ウルワツなどの周辺ポイントが胸サイズの時、ニャンニャンはなんと頭半からダブルサイズの波がたっています。

普段からコンスタントに波があるバリ島の中でもさらに波があるポイント。

波が大きすぎる日が多く、クタやウルワツ周辺のポイントがフラットから胸サイズの時にニャンニャンではGOOD WAVEとなります。

腰サイズからサーフィン可能となりMAXサイズは頭半まで。長い白砂浜の中央には真ん中のチャンネルを挟むようにレギュラー、グーフィー2か所のポイントがあります。

「波乗り、遊び、宿選び、どれも失敗したくない!」一人旅でも楽しいバリ旅行をコーディネートして欲しい方はコチラ>

 

ニャンニャンの波質

ニャンニャンのメインブレイクはライトの波、レフトの波に比べてコンディションが整いやすく波質も格段良いためほとんどのサーファーがライト波のポイントで入っています。

このライトの波はAフレームの波でテイクオフの瞬間、分厚いリップが一気に掘れあがるため、しっかりパドルをしてからテイクオフを試みないとパーリングする可能性もあります。

難度が高めのテイクオフですが、テイクオフを成功させるとそのあとは50m程乗れるメローな波が続きます。

ちなみにレフト波の方は波の力が弱くショートライドの波です。

ニャンニャンでサーフィンする時の注意点

ライトの波は混雑しているときもあるので混雑を避けてたい方はレフトがお勧めです。

ニャンニャンに良い波が立つ条件はほかのポイントがスモールウェーブの時、大潮のハイタイド時、風がないことです。

なかなか条件が揃わないニャンニャンですが良いコンディションにあたると、大自然と真っ青な海のなかで気持ちよくサーフィンを楽しめます。

ニャンニャンの周辺情報

ポイントの駐車場には飲食店が数件あるのみ、近隣にはシャワーやコンビニなどもありません。駐車場からビーチまでの距離は長いので飲み物などを持参をお勧めします。

レベル 中級者 上級者 + パワフルな波質でカレントも強め中級者以上にお勧めのポイントです。
波のタイプ レギュラー
シーズン 1月 2月 3月 4月 5月 10月 11月 12月
ベストサイズ 腹 胸 肩 頭
ベストタイド 1.6m-2.5m
ボード 5’6”~6'3
ボトム リーフ
ブーツ 不要
ロングボード 不可
クタから 40分
最寄りの町 ペチャトゥ
売店・レストラン あり
宿泊施設 なし
駐車場 あり + ポイントを一望できる空き地に駐車(無料)