シップレック / Ship Wreck

シップレック / Ship Wreck

sp
4
バリ島サヌールの沖合い10kmほどの距離にある人口1000人にも満たないレンボンガン島、この島は海草の養殖やダイビング、サーフィンなどで有名です。サヌールの港からローカル船で2時間、スピードボートだと1時間未満で到着、1日7往復ぐらい船も出ているので日帰りでも気軽に行ける場所として人気がある島です。レンボーガン島で一番波がコンスタントにあるポイントがシップレック、シップレックとは英語で座礁船という意味、昔は小型船が座礁してる横で波がブレークしていましたが、近年では座礁船が撤去されたのか、風化してさびてなくなったのか姿を見なくなりました。シップレックはレギュラーのポイントブレーク、腰サイズからサーフィン可能でダブルオーバーまでホールドします。ボトムターンとカットバックの連発できる波は頭サイズぐらいまでなら中級者の絶好の遊び場、波が小さめのときは大勢のローカルキッズも練習に励んでる姿を目にします。シップレックは岸から500mほど離れていてボートでのアクセスがお勧め、カレントも強いのでパドルで行くと潮の流れによっては、ピークまでたどり着くのに一苦労する時もあります。またここの特徴はセットが入りだすと止まず15本ぐらい連続で入るときもありそんな時はドルフィンスルーの連発です。レンボーガンはすぐ沖にカレントが入ってるのでバリ島より水温が低いのでウエットスーツが必要なときもあります。カレントに乗ってうねりが入るレンボンガンの各ポイント、引き潮時には波が無くなり、上げ潮に乗って波が押し寄せてきます。引き潮時には腰サイズの波が上げ潮になるとダブルになることも珍しくありません。レンボンガンでのサーフィンは上げ潮回りの前後3,4時間ぐらいがベストな状態となるでしょう。
ss

レベル 中級者 上級者 + アウトリーフでパワーがある波、一度セットが入ると10本以上の波が来ます。初心者には不向きなポイントです。
波のタイプ レギュラー
シーズン 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
ベストサイズ 腹 胸 肩 頭 頭半
ベストタイド 1,3m~2,2m
ボード 5’6”~6'2
ボトム リーフ
ブーツ 不要
ロングボード 可能
クタから クタからサヌールまで車で30分、サヌールからボードで1時間
最寄りの町
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 なし +

近くのサーフポイント

ラセレーション プレーグランド