シップレック / Ship Wreck

シップレック / Ship Wreck

sp
4

バリ島でNEWボードをカスタムオーダーしませんか?オーダー最短10日間でPYZEL.DHD.TIMMY PATERSONがなんと62000円~
バリ島サヌールの沖合い10kmほどの距離にある人口1000人にも満たないレンボンガン島。

レンボンガン島で一番コンスタントに波があるのがシップレック。

シップレックとは英語で座礁船という意味であり、以前はポイントのすぐインサイドに風化した小型船が座礁していましたが近年では座礁船が撤去されたのか、さびてなくなったのか?その姿を見なくなりました。

座礁した船が無くなった今でもポイントの名前はシップレックのまま残されています。

シップレックのベストシーズン

シップレックのベストシーズンは乾季の3月−11月。

見た目以上に長く乗れるアウトリーフのブレイクは、リッピング、カットバック、チューブが楽しめる極上の波です。

シップレックのベストサイズ&タイド

シップレックはレギュラーのポイントブレーク。

腰サイズからサーフィンできるコンディションになりダブルオーバーまでライド可能。

ボトムターンとカットバックの連発できる波は頭サイズぐらいまでなら中級者の絶好の遊び場。

胸ぐらいまでコンディション時は大勢のローカルキッズが練習に励んでる姿を目にします。

バリ島との間の沖合に流れているカレントに乗ってうねりが入ってくるのがレンボンガン島各ポイントの特徴でカレントと潮の干満の差で波のサイズは急激に変化します。基本引き潮時には波が無くなり、上げ潮時には波が押し寄せてきます。

波のサイズは数時間のうちで驚くほど変化することが多く、引き潮時には腰サイズの波が上げ潮になるとダブルになることも珍しくありません。

レンボンガンでのサーフィンは上げ潮回りの前後3,4時間ぐらいがベストな状態となるでしょう。

「波乗り、遊び、宿選び、どれも失敗したくない!」一人旅でも楽しいバリ旅行をコーディネートして欲しい方はコチラ>

 

シップレックの波質

レンボンガン島のポイントの中で1番ウネリに敏感なポイントで、頭サイズまでは中級者サーファーでも簡単に乗れる上質なブレイクの波ですが

頭オーバーになると底ぼれする波になり、分厚いリップがチューブを形成する上級者用オンリーのポイントとなります。

またこのポイントの特徴はセットの波が入りだすと「止まずの15本連続セット」今まで経験したことないぐらいのセットの数を見れるでしょう。

そんなときにタイミング悪くセットを食らってしますと10分間ほど波待ちポイントに戻れないドルフィンスルー地獄になることでしょう。

シップレックでサーフィンする時の注意点

レンボンガンはバリ島に比べてかなり水温が低いのも特徴、特に乾季の真っただ中6月~10月の間はウエットスーツが必要です。

最低でも長袖タッパは必要で少し寒がりな人は長袖スプリングがあれば安心してサーフィンを楽しめるでしょう。

ポイントまでのアクセスはほかのポイント同様岸から離れているのでボート利用がお勧めです。

ポイントインサイドは岸に向かうカレントが強いため、パドルでのアクセスは潮の流れによっては、ピークにたどり着くまでかなり時間を要する時もあります。

シップレックの周辺情報

シップレックの近くには宿泊施設やレストランが数多くあり、滞在しやすい環境が整っています。

レンボンガン島はサーフィン以外ではダイビング、そして海草の養殖などでも有名な場所です。島へのアクセスも簡単でサヌールの港から定期便で90分、スピードボートを利用すると1時間未満で到着します。

バリ島とレンボンガン島を結ぶ船は数多く出ているので日帰りでも気軽に行ける場所として人気がある島です。

レベル 中級者 上級者 + アウトリーフでパワーがある波、一度セットが入ると10本以上の波が来ます。初心者には不向きなポイントです。
波のタイプ レギュラー
シーズン 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
ベストサイズ 腹 胸 肩 頭 頭半
ベストタイド 1,3m~2,2m
ボード 5’6”~6'2
ボトム リーフ
ブーツ 不要
ロングボード 可能
クタから クタからサヌールまで車で30分、サヌールからボードで1時間
最寄りの町
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 なし +

近くのサーフポイント

ラセレーション プレーグランド