クタリーフ / KUTA REEF

クタリーフ / KUTA REEF

kr
4
クタの町から3KMほど南にあるングラライ国際空港の周りには空港を囲むように南北5kmほどの大きなサンゴ礁が発達しています。バリ島に飛行機で発着するときに上空からサンゴ礁が一望できるので見られたかとも多いことでしょう。サンゴの周りにいたるところでブレークしている白波が確認できます。空港周辺のリーフには5つのサーフィンに適したブレークがありクタリーフはその中で一番北側のポイント、クタビーチからは波のブレークが目視で確認できるほどの距離にあります。クタリーフのサーフィンの歴史は古くもう何十年も前の話ですがクタの街が椰子の木が生い茂り砂利の未舗装道路だった1970年代から有名なポイント、クタリーフの波に魅せられたサーファーたちは数多く現在もレジェンドバリニーズサーファーや昔からバリに通い続けるオージー、日本人のサーファー達に人気のスポットです。。クタ周辺はホテルやショッピングセンターが立ち並び、日々めまぐるしく街が変化していますが、クタリーフの波は形成されたリーフの上で規則正しいブレークを続けていることは1970年代と何も変わりはありません。
空港周辺のアウトリーフでNO1の波質を誇るグフィーオンリーの波はオーソドックスなボトムターン、カットバック、カービングなど縦の動きと波の斜面を太いラインで使える波質は技をかけやすい波です。潮回りとタイドの時間帯があったときは100m以上のロングライドも可能で時にはチューブセクションも出現します。
お隣のポイント、エアーポートレフト、ミドルリーフに比べワンサイズ小さめです。腰サイズからサーフィン可能、胸~オーバーヘッドまでがBESTサイズです。肩サイズまではリーフ経験少ないサーファー、ロングボーダーでも楽しめる波質ですがひとたびうねりが入り頭半を超えると波は豹変し分厚いリップでテイクオフポジションからバックリと掘れ上が波となり上級者オンリーのポイントになります。
クタリーフへのアクセスはクタの中心地から1kmほど海岸と並行にカルティカプラザ通りを南下した道路の突き当りを右折し海岸方面に400mほど入った突き当たりに駐車場とカヌー乗り場があります。カヌーは通常往復送迎で、少人数乗り合いでカヌーを利用した場合は帰りの時間を約束しておくと迎えに来てくれます。カヌーを貸切にした場合は、ポイント横で待機してくれます。カヌーから写真撮影なども可能なので仲間同士でライディングを撮影するのも良いでしょう。サーフィンをしない方も利用可能です。カヌーを利用して行くサーフィンはバリの醍醐味、是非一度足を運んで見ましょう。


ss

レベル 中級者 上級者 + ダブルアップしてくるチューブもある波中級者以上にお勧めです。
波のタイプ グーフィー
シーズン 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
ベストサイズ 胸 肩 頭 頭半
ベストタイド 1.3m~2.0m
ボード
ボトム リーフ
ブーツ 不要
ロングボード 可能
クタから ボード乗り場まで10分
最寄りの町 クタ
売店・レストラン あり
宿泊施設 あり
駐車場 あり + ボート乗り場隣接無料駐車場有